『貧乏で習い事ができない』子どもが習い事をしたいと言っているのに、させてあげられない現状です。





子どもが習い事をしたいと言っているのに、させてあげられない現状です。

小学2年生と小学3年生の子どもがいます。

継続的な習い事は今までしたことがなく、スイミングスクールや冬だけのスキーなど短期の習い事などは通わせています。

理由は毎月経済的にあまり余裕がないからです。

生活ができないほどではありませんが、生活水準は中の下ほどで、旦那の給与が手取で毎月15~16万のため、家賃や公共費、子どもの学費や保険などの支払いだけで、毎月の赤字が多い状況で、食費や生活費なども切り詰めたりもしながら、年に2回の賞与を臨時の出費や毎月の補填にあててやっと普通に生活できるという感じなので、貯金する余裕はありません。

自分もパートで働いていますが、近くに協力を求められる人もおらず、旦那の仕事も遅かっりで協力を求められないですし、働ける条件も限られているため、ゆとりのある生活というほどではないのです。

また、車も旦那が仕事で使用するもの以外、何台も持てる余裕もありませんので、スポーツなどをさせるとなると、送り迎えする足もないため厳しいという状況です。

子どもが友だちの影響などを受けて、ピアノが習いたい、公文をやってみたい、バレーを習いたいなど、何かあるごとに習い事をしたがっているのですが、3~4千円のものであっても厳しいという現状のため、いろいろと調べてみても、今の習い事はピアノであっても公文であっても、月に7~8千円くらいで、なかなか承諾してあげられません。

習い事のための道具を揃えたり、送り迎えをしてあげる環境なども整っていないため、現実的に考えて、今の段階では習い事をさせてあげられそうにないのです。

その代わりに、短期のスイミングスクールやスキーなどは一時的な出費なので、なんとか出来る範囲では習わせているのですが、それでは不満だと言うのです。

我が家ではそんなお金もないから無理だと切り捨てることも、子どもが家は貧乏なのかと思ってしまうのだろうと考えるため言いにくく、みんなは習い事をしているのにと言われる度、責められているようで落ち込んでしまいます。

ゆとりがあれば本当は習い事のひとつふたつ、私もさせてあげたいのですが、現状は厳しいのです。

習い事をしたいと言われる度に、何か理由をつけて誤魔化しているのですが、あまりに言われると、そんなに習い事をしたら洋服やおもちゃなどを買えなくなるかもしれないよ。などど、経済的なことも言ってしまう時もあります。

その度に子どもは、不満な顔をしつつ諦めるといった様子ですが、何ヶ月か経つとまた習い事したいと同じように言われてしまうことの繰り返しです。

どうすればいいのか悩んでいます。

習い事もさせられないほど余裕がない親は駄目ですよね。

トータルで考えてみると、就学援助を受けるほど困窮状態ではありません。

たまに遊びに連れて行ってあげられるくらいの余裕はあります。

ただ、月によってはぼちぼちなので、毎月支払わなければいけない義務の金額が増えることが厳しいです。

子供手当も、子どもに必要なものや、生活費の補填で消えている部分は大きいです。

貯金が理想どおりに出来ない分、学資保険などで積み立てをしています。

回答1

習い事をさせられない余裕がない親は駄目?

そんなことはありませんよ。

本当に習い事がしたかったら、バレーであったってボール1個あれば練習できるのです。

子どもはスポンジですから、興味があるなら自分からどんどん吸収して勉強していきますよ。

回答2

我が家の場合、スポーツ少年団に子供を入れました。

入団時に5千円ほどかかりましたが、月謝は1~2千円が相場です。

子供が通学している学校や、近所のスポーツ店などにそのようなポスターが貼ってあるかと思いますので、チェックしてみてはいかかでしょうか?

ちなみに、子供は陸上をやっています。

その他にも、サッカー、ソフトボール、ハンドボール、バスケット、バレーボールなど色々あるそうですよ。

回答3

子供手当は何に使っているのでしょうか?

2万6千円あるはずですが、生活費で消えているのでしょうか?

子供手当もなくなるかもと議論されている現状では、習い事は厳しいかと思います。

厳しいことを言うようですが、これからどんどんお金がかかってくる子供が2人もいるのに、貯金ができない状況とは。

今からでも貯金をしたらいかがですか?

将来、子供が大学へ行きたいと言い出したらどうするおつもりでしょうか?

どうしても子供が習い事をしたいと言うのなら、比較的月謝が安い習字などはいかがでしょうか?

ピアノを習うにはピアノを買わなくてはならなくなるでしょうし、塾では教材費がかかってしまいます。

今の家庭の現状では、正直無理があるでしょう。

子供には、お金がないから無理だと言ってもいいと思いますが。

しかも短期教室は不満だというのは、子供が我がまますぎるかと思います。

回答4

就学援助は受けられないのでしょうか?

受けられれば、給食費や文具費などが出ます。

地域によっては年収から受けられるのかが変わってきますが、私の地域ではあなたのような内容の収入であれば受けられますよ。

それに、短期でもスイミングやスキーを習わせてあげられるのであれば、子供は幸せだと思いますよ。

中高生になると嫌でもお金がかかります。少しでも今のうちに貯金することをお勧めします。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加